飲食店辞めたい

不条理な飲食業を辞めたい人に向けたアドバイスブログ!

*

飲食店でアトピー性皮膚炎に悩む人へ読んで欲しい記事。

   

飲食店で働いていると労働条件とは関係ないある悩みに直面します。

 

それはアトピー性皮膚炎です。

 

水や洗剤、食材に触れる機会が多いためどうしてもこれに悩まされる人も多い。

アトピーに悩まさて飲食店の退職を考えている。こういった人も意外なほど多いかもしれません。

そのまま継続するべきか?退職して他業種へ行くべきか?

考えます。

 

 

飲食店で働いている以上は付きまとう必然の病

skin-418266_640

 

皮膚がもともと強い人はさておき、アトピー性皮膚炎は飲食店で働いている以上は職業病といっても過言ではありません。

自分自身はもとより、今まででアルバイトを含め数多くのアトピーで悩む人達を見てきました。

結論から言うと、この仕事をやっている限りアトピーが完治することはありえません。

 

・お店にいる以上は自力でその水質を変えることはできない

・常に手を洗うので、塗り薬があまり効かない

 

こういった状態が保たれてしまうのです。

特にお店が浄水場の近くにある場合などは、近くで水を殺菌濾過している関係で、塩素の強い水を扱っている可能性が強いと言えます。

アトピー性皮膚炎の発症の原因は色々と言われていますが、水の塩素が関係している事は事実。

実際のところ子どもが水泳教室に通い始めたら、肌が荒れだしたなんてこともあるぐらいです。

 

・日々の手洗い・アルコール消毒で手荒れが激悪化し、小指の関節部がパックリ割れる

・水のせいで手首周りに赤い湿疹が出来て異常に痒い

 

飲食店で働いている限り、こういった現状から逃れられないと言えます。

自分も酷い時には、手荒れだけに留まらずにサロンを通して濡れた太ももにまでアトピーが飛び火していたこともありましたから

 

お店の水に触れていないと急に治りだす

これはありがちなことかもしれませんが、4連休などの大型連休を取った時。

または飲食店を辞めて、しばらく水に触れていない期間ができた時などは顕著に現れます。

 

日を追うごとにみるみる手荒れが引いていくのです。

 

1日2日と日を追うごとに、最初は「今日はさほど痒くないな」といった感じから、日に日に症状が改善していくのです。

改めて水が原因だったと実感する一方で、ストレスに起因しているのでは?とも同時に感じます。

というのも実はこんな統計データがあります。

人間の身体はストレスを感じると「りきむ」反射があるようです。

身体が強ばれば、呼吸が浅くなり血流の流れが悪くなります。

結果、循環が滞り、排泄や発汗に悪影響を及ぼす。それが老廃物を体内に貯めこむ要因になり、アトピーを改善させない理由になるといった案配です。

確かにストレスを感じている時って、異常にアトピー部の指先が痒かったり、ミーティング中などの緊張した場になると急に手が痒くなり始めるというのもこういった要因が大きいのかもしれません。

いずれにせよ飲食業のようなせわしないストレスにさらされている職業では、水の問題にこういった要因もオンされているのでしょう。

 

アトピーが原因で退職は悪か?

head-415861_640

 

飲食店で働くこと自体は嫌ではないが、手荒れが酷くアトピーも悪化していくばかりだ・・・。

できれば水を使わない職種に転職も考えているが、そんな理由で辞めてしまって出来る仕事なんてあるんだろうか?

こんな葛藤に悩まされている人もいることでしょう。

もしかしたら、アトピーぐらいで仕事を辞めるなんて無責任過ぎる。こう感じている責任感の強い人もいるかもしれません。

ここでもう一度考えて頂きたいです。

飲食店はホール・厨房問わずに必ず水や洗剤、食材に触れる仕事。

 

そのためこの仕事をやっている限りアトピー性皮膚炎が治ることはありません。

 

むしろ悪化するか、症状を抑えながら日々を送る事になります。

この仕事をしている限り、アトピーの症状を抑えるという行為がルーチンワークに組み込まれます。

もちろん仕事を変えたからといって、パッタリとアトピーが完治しない可能性もあるでしょう。

しかし少なからず水が原因でなっているなら大きく緩和されることは間違いないです。

今まで責任感を持って、薬を使って何とかやってきたというアナタであれば、その真面目さとタフさは別業種に行ってもヒカリます。

手荒れで退職することは悪ではありません。

身体に支障をきたしているのに無理に継続するほうが悪と言えます。

 

最後に:転職で困ったら

entrepreneur-723044_640

 

アトピーが理由で退職してしまったら、再就職なんて難しいんじゃないだろうか?

もしこうお悩みの方は、一度転職エージェントに相談すると良いです。

そんな理由で相談なんかしてもいいの?と疑問に思うかもしれませんが、転職エージェントはあらゆる転職の悩みを抱える人がお客様。

むしろ

 

・アトピーで飲食店を辞めるに至った経緯

・それでも何とかやろうとした熱意

 

こういったポイントがしっかりとアピールできれば、エージェントは必死に動いてくれるでしょう。

アトピーも改善しながら、過酷な飲食業という環境を抜け出すという意味でも、転職エージェントを利用しない手はありません。

参考にして下さい。

 

 

 

・飲食店を辞めたいけど実際に何からしていいのか分からない人

・ブラックじゃない飲食店に就職する方法

・飲食店はもうウンザリ!20代で他業種へ転職したい人

・他業種へ転職できる?飲食を辞めてみんなどんな仕事についたのか?

 - 労働環境