飲食店辞めたい

不条理な飲食業を辞めたい人に向けたアドバイスブログ!

*

ブラックじゃない飲食店に入社する方法

coffee-777612_640

 

長時間労働で安月給を代表する職種でもある飲食業。

ただでさえ労働環境が大変なのに、仕事の内容も「日々数字」を追うといった過酷なプレッシャーにも悩まされます。

 

しかしとはいえ、こういった飲食業の仕事自体は嫌いなわけではない。

むしろお客さんに感謝されるのは嬉しいし、おいしい料理を提供するのは楽しい。

 

こういった人も一定数存在しているのも事実でしょう。

 

接客サービスには自信がある

ワインの知識なら誰にも負けない

魚をおろすのはめちゃめちゃ得意

 

こういった人が多数いるのは紛れも無い事実。

その証拠に飲食店で働く人間は、こんなに日々大変な業務の中でも自分自身の知識を増やしたり、技術を磨くことを惜しまなかったりと陰で努力している人は非常に多いです。

 

飲食業は仕事自体は面白いんだけど、働く環境がなあ・・・

 

こんな悩みにさらされている人もかなりいるのです。

 

言ってしまえば、ブラックな環境じゃない飲食店で働ければ、このまま飲食業界で働いていたいのですね

 

しかし経験上、そんな飲食店など存在しない。どのお店に言っても所詮、環境は変わらない。

こういった考えが常識にもなっているのです。

 

無理のない話です。巷にはこれだけのブラック企業が溢れかえっているのですから。

 

労働環境の良い飲食店など皆無なのか?

待遇の良い飲食店で働く事は夢うつつなのか?

 

いいえ。そんな事はありません。

 

ハッキリ言います。ブラックじゃない飲食店は確実に存在します。

 

正確に言えば、最近の飲食業界全体の悪評を受けて「ブラックじゃない飲食店」が増え始めているのです。

時代性もあってブラック飲食店は生き残りが難しくなってきている。

 

こういった飲食店で働くには一体どうすればいいのか?

 

結論から言うとブラックじゃない飲食店を選ぶには、飲食店だけに特化した転職エージェントと伴に探す必要があります。

 

その特化型の転職エージェントとは「フーズラボ・エージェント」です。

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

今のあなたのお店は大丈夫?

皆さんにお聞きします。

 

今のあなたの働いている飲食店は人手が足りているでしょうか?

アルバイトは半数が外国人で、新人社員は入社しても1年すらもたずに辞めていく・・・。そもそも応募自体が集まらい・・・。

こんな環境になっていませんか?

 

もしこういった人材がドンドン流出してしまっている環境に会社が危機感を感じていて、具体的な対策を講じている。

アナタもその中心部にいて、自分の意見や考えを現実化させていける立場にあるというのなら、現状のまま今のお店で頑張ったほうが良いと言えるでしょう。

今のブラックな環境を、自分自身の裁量でホワイト化させていく、仕組みを作って給料が上がる体制に持っていく。

そういった方向を目指すべきでしょう。

 

しかし、いやそうではない。

それどころか会社が、自社の事をブラックな環境ともなんとも思っていない。人が辞めるのは所詮、辞めた人間に根性がなかったからだ。少子化で人材そのものが減少しているからな。

 

こんな発言をしている上司がいたり、社長が人材不足を気にも止めていないというのなら、

そのお店で働き続けていても、将来あなたの労働環境は変わらない、いや、今よりも更に悪くなると断言できます。

 

飲食店の人手不足の原因は、働く環境が悪すぎるから。

働く時間に対して、給料が見合っていないから。

この2つと断言できます。

根性や少子化の問題でなないのです。

 

人手不足の飲食店はますますブラック化する

ご存知かと思いますが、人手が集まらなければ休日はなくなりますし、拘束時間も増えます。

人手が足りなければ、接客のクオリティーや調理のスピードが落ちるため、クレームも増え、お客の回転率も悪くなります。

ひいては売上が上がらないということにも直結しますので、更なる悪循環にはまっていく。

 

・人員不足で売上低迷なので休日が無い

・クレームが増え、食べログやレッティでの評判が悪くなる

・給料も上がらない(むしろ減る)

 

こういった無限ループにはまっていきます。

すると、同じ店内・社内で社員はドンドン離脱していくため、残された人間はますます過酷な日常にさらされ窮地に立たされていくのです。

 

更にはブラック化が常態しているお店では、ある日いきなりベテラン社員・幹部が突然辞めていなくなるといった現象がみられます。

 

具体的な退職理由は公開されなかったり、はぐらかされたりと腑に落ちない点が多々ありますが、多くの場合、本当の退職理由はヘッドハンティングや待遇の良いお店への転職が一般的です。

要は会社の中枢にいるからこそ見えてしまう真実があるんですよね。こういった立場の人達の場合。

 

・会社の台所事情を知っているからこそ給料の限界を知ってしまう

・オーナー社長の無駄金の使い道

・大手ならではの複雑な出世事情

 

得てして飲食業界の見識が深い人ほど、転職が昔ほど珍しくもない時代を考え、

「社員にこんな働かせ方していたら誰も働く人いなくなるよ!」

といった暗示を、経営者に示しているといった理由もあり、どんどん会社を去っていくのです。

 

どうやってブラックじゃない飲食店に就職しているのか?

では劣悪な環境のお店を去った人達は、どうやって環境の良い飲食店で働いているのか?

どうすればブラックじゃない飲食店を選べるのか?

 

答えは単純です。

 

専門の紹介業者を使っただけなのです。

 

転職が普通と言われている今でも、自力でブラックじゃない飲食店を探しだすのはかなり難しくなります。

巷にはまだまだ環境の整っていないお店は沢山あります。

ましてや、万が一ブラックじゃない環境の飲食店に再就職できたとしても、また1から下積み経験が始まり、結果ブラックな状況は変わっていない。

こんな事にもなりかねない。

 

こういった無駄足を省くには、転職の専門家のチカラをかりるしか方法はないと言えます。

 

何かのコネや紹介があって、高待遇の会社に移れる。こういった人脈をお持ちの方は、そのチカラをふんだんに使えばいいと思います。

ですがそうでない人、コネも何もない人で、今よりも労働環境の良い飲食店で働きたいとお考えであれば、転職エージェントを利用するのが必須になります。

というか現状それしか方法がありません。

 

しかも、飲食店から飲食店に転職するなら、「飲食業専門の転職エージェント」を使うのがベスト。

 

それは言うまでもなく、飲食業界の事情に詳しいし、そこで働く人間が何を求めているのか熟知しているからです。

飲食から飲食に転職しようとした場合、一般的に有名な転職エージェントを使うと、自分の意思や求める事がなかなか担当者に伝わらなかったりします。

飲食業界のブラックさを表面的に理解してくれてはいるものの、実際に働いたことがないのでその内情まで理解されていなかったりします。

そうなると、転職に成功はしたが労働環境はほとんど変わらなかったり、人によってはむしろ悪くなった。こんな人もいるぐらいです。

 

そういった事を防ぐ為にも、飲食業界内で労働環境を改善させる転職をするには、「飲食店専門の転職エージェント」を使ったほうが成功しやすい。

 

その中で飲食店専門の転職エージェントでおすすめなのが「フーズラボ・エージェント」です

 

飲食特化型転職エージェント「itk」をみんなが使う理由

 

特化型の飲食専門転職エージェントというと中々馴染みがないかもしれません。

「フーズラボ・エージェント」はベンチャーの転職エージェント。

他社の転職サイトと大きく違う点は、業界に長けている分、飲食業界の裏表をよく熟知している点だと言えます。

 

・週休2日制の会社の1日の労働時間

・休日日数を選べるお店の実態

・社宅完備の本当の意味

・飲食業界の転職事情

 

こういった、飲食店の表と裏の情報を持っています。業界に精通しているとも言い換えられますね。

担当者が飲食店出身者も多数いて、飲食業の「ツボ」みたいな事も知っているのも特徴です。

なので今の自分の置かれている実態や、どういった条件や希望で働きたいのかをよく聞いてくれます。

 

転職エージェントってややもすれば、いかにも内定がでそうな案件ばかりを紹介しがち。

 

「itk」ではあなたが詳細な要望を伝える事で、可能な限りその希望に沿った案件を紹介できるように一緒に考えてくれます。

ブラックじゃない飲食店を一緒に探してくれると言っても過言ではないでしょう。

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

もちろん転職エージェントなので、

 

メリット
・職務経歴書の書き方

・面接での質疑応答のポイント

・給与交渉の代行

 

こういった所は普通に行ってくれますし、親切に指導もしてくれますね。

多忙な飲食店従事者の時間の都合も考慮してくれるので、平日の遅い時間でも相談にのってくれます。

 

また「フーズラボ・エージェント」の面白い部分は、多くの非公開求人を持っているところ。

適正や希望に応じて全ての案件を紹介してくれる訳でなないのですが、こういった世間では出回っていない転職案件を持っているのもブラックじゃない飲食店を探すヒントになります。

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

 

 ブラックじゃない飲食店で働くために

転職エージェントは本当に色々な案件を持っています。

より確実な(ブラックじゃない)転職を成功させるためには、自分自身の熱意も重要です。

 

・しっかりと細かい要望を伝える

・譲れない部分は変に妥協しない

・給料の詳細・待遇(見えない部分)を詳しく聞く

 

こういった積極的な姿勢は重要です。

エージェントの担当者さんも、詳しい要望を聞かないと、あなたが何を望んで何が譲れない部分なのか分からない。

変に妥協して、ブラックな飲食店をグルグル巡回しているなんてことになったら何の意味もありませんからね。

 

また転職エージェントに紹介されたお店は、自分の足で実際に見に行って見ることも大切ですね。

 

・年配の社員しかいない(若手が育ってない)

・罵声や怒号が飛び交っている(恐怖で萎縮しているスタッフがいる)

・店内、まな板が汚い(掃除のノウハウすら持っていない)

 

こういった細かい点に気付きます。

基本事項ができていないのに、休日が充実していて給料も良い。こんな事は普通考えにくい。

そのため、エージェントに紹介された案件は、面接前にさり気なく食べに行ってみることで、自分の中でも考察ができます。

 

飲食店に特化した転職エージェントを上手に使って、ブラックじゃない飲食店で充実した人生を過ごせるように頑張ってくださいね

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2018/02/27